カスタムフィルタの開発

カスタムフィルタを開発するには、 CustomConnectionFilter クラス (com.denodo.parser.connection.filter パッケージ) の新しい拡張クラスを作成します。

このクラスに execute(InputStream is):InputStream メソッドを実装する必要があります。

カスタムコネクションフィルタは入力パラメータを持つことができます。これは、カスタムフィルタの動作を容易にカスタマイズできるようにしたい場合に役立つことがあります。フィルタをデータソースに割り当てる際にユーザーが入力したパラメータを取得するには、 execute(...) メソッドから getParameters():Map<String, Object> メソッドを呼び出します。

<DENODO_HOME>/samples/vdp/customConnectionFilter フォルダには、カスタムフィルタのサンプルがあります。

カスタムフィルタの開発が完了したら、その jar を生成して Virtual DataPort にインポートします (管理ガイドの「 拡張機能のインポート 」を参照)。