フォルダの作成

Virtual DataPort で作成されるエレメントは、フォルダに整理することができます。たとえば、データソース、ストアドプロシージャ、ラッパー、ビュー、Web サービス、およびウィジェットといったエレメントです。

それらのエレメントはフォルダに整理できますが、たとえ別フォルダであっても、1 つのデータベースに同じ名前を持つ 2 つのエレメントを作成することはできません。

フォルダを作成するには、 CREATE FOLDER ステートメントを使用します。

既存のフォルダを管理するには、 ALTER FOLDER ステートメントを使用します。

フォルダを削除するには、 DROP FOLDER ステートメントを使用します。


CREATE FOLDER ステートメントの構文
CREATE [ OR REPLACE ] FOLDER <folder_name:literal>
[ DESCRIPTION <description> ]

folder_name は新しいフォルダのフルパスです。つまり、このパラメータは文字 / から始まる必要があります。たとえば、 CREATE FOLDER '/folder1' のようになります。

サブフォルダ /folderA/subfolderA を作成するには、最初にフォルダ folderA を作成し、次に subfolderA を作成します。

サブフォルダの作成
CREATE FOLDER '/folderA'
CREATE FOLDER '/folderA/subfolderA'

既存のフォルダとそのコンテンツを管理するには、 ALTER FOLDER ステートメントを使用します。つまり、以下の操作を行います。

  • フォルダの説明を変更

  • フォルダの名前を変更

  • フォルダを別フォルダに移動

  • エレメント (データソース、ビューなど) をフォルダに移動またはコピー

ALTER FOLDER ステートメントの構文
ALTER FOLDER <source folder name:literal> <operation>

<operation> ::=
    RENAME <target folder name:literal> [ DESCRIPTION <description:literal> ]
  | DESCRIPTION <description:literal>
  | MOVE <element> <name:identifier>
  | COPY <element> <element old name:identifier> AS <element new name:identifier>

<element> ::=
    DATASOURCE <data source type>
  | WRAPPER <wrapper type>
  | TABLE
  | VIEW
  | PROCEDURE
  | WEBSERVICE
  | WIDGET

<data source type> ::=
    CUSTOM
  | DF
  | ESSBASE
  | JDBC
  | JSON
  | LDAP
  | ODBC
  | OLAP
  | SALESFORCE
  | SAPBWBAPI
  | SAPERP
  | WS
  | XML

<wrapper type> ::=
    <data source type>
  | ITP

フォルダを削除するには、 DROP FOLDER ステートメントを使用します。

DROP FOLDER ステートメントの構文
DROP FOLDER <folder path and name:literal> [ CASCADE ]

フォルダがエレメントを持つ場合は、 CASCADE 句を指定せずに DROP FOLDER を実行すると失敗します。

CASCADE 句を追加すると、このコマンドはフォルダを削除し、 そのフォルダのサブフォルダとコンテンツ を削除します。

例:

  • フォルダの説明を変更:

    フォルダ「Data sources」の説明を変更
    ALTER FOLDER '/Data sources'
        DESCRIPTION 'This folder will contain data sources';
    
  • フォルダの名前を変更:

    フォルダ「data sources」の名前を「JDBC data sources」に変更
    ALTER FOLDER '/data sources'
        RENAME '/JDBC data sources';
    
  • フォルダを別フォルダに移動:

    フォルダ「JDBC data sources」を「Data sources」に移動
    ALTER FOLDER '/JDBC data sources'
        RENAME '/Data sources/JDBC data sources';
    

    ターゲットフォルダが存在する必要があります。

  • エレメントを別フォルダに移動:

    JDBC データソース「ds_jdbc_oracle」をフォルダ「/Data sources」に移動
    ALTER FOLDER '/Data sources'
       MOVE DATASOURCE JDBC ds_jdbc_oracle;
    
    ビュー「customer360」をフォルダ「/Final views」に移動
    ALTER FOLDER '/Final views'
       MOVE VIEW customer360;
    

    ターゲットフォルダが存在する必要があります。

  • エレメントをコピー

    ビュー「customer360」をコピー。コピーしたビューの名前は「customer360_final」
    ALTER FOLDER '/Final views'
       COPY VIEW customer360 AS customer360_final;
    
    DF データソース「web_container_access_log」をコピー
    ALTER FOLDER '/Data sources'
       COPY DATASOURCE DF web_container_access_log AS ds_df_web_access_log;
    
  • フォルダとそのコンテンツを削除:

    DROP FOLDER '/Data sources' CASCADE;