GENERATE_VQL_TO_CREATE_JDBC_BASE_VIEW

説明

ストアドプロシージャ GENERATE_VQL_TO_CREATE_JDBC_BASE_VIEW は、JDBC データソースの基盤となるデータベースの特定のテーブル/ビュー用の JDBC 基本ビューを作成するために必要な VQL ステートメントを返します。このプロシージャは実際にビューを作成するのではなく、そのための VQL ステートメントを返すだけであることに注意してください。

GET_JDBC_DATASOURCE_TABLES プロシージャと組み合わせることで、ソースデータベースのすべてのテーブル/ビュー用の基本ビューを作成するプロセスを自動化できます。

このプロシージャは、基本ビューを作成せず、そのための VQL ステートメントを返すだけです。

構文

GENERATE_VQL_TO_CREATE_JDBC_BASE_VIEW (
      data_source_name : text
    , catalog_name : text
    , schema_name : text
    , table_name : text
    , base_view_name : text
    , folder : text
    , i18n : text
    , database_name : text
)
  • data_source_name: データソースの名前。

  • catalog_name: 基本ビューの作成元テーブルが含まれているソースデータベース内のカタログの名前。データベースがカタログをサポートしていない場合、 null を渡します。

  • schema_name: 基本ビューの作成元テーブルが含まれているソースデータベース内のスキーマの名前。データベースがスキーマをサポートしていない場合、 null を渡します。

  • table_name: 基本ビューの作成元テーブル/ビューの名前。

  • base_view_name: 作成する基本ビューの名前。 null の場合、名前は自動生成されます。

  • folder: 作成された基本ビューを配置するフォルダ。結果には、このフォルダを作成するための VQL ステートメントが含まれます。 null の場合、VQL でフォルダは指定されません。

  • i18n: 作成される基本ビューの i18n。 null の場合、このプロシージャはデータソースが属す Virtual DataPort データベースの i18n を割り当てます。この値は null に設定することをお勧めします。

  • database_name: JDBC データソースが属するデータベースの名前。 null の場合、プロシージャは現在のデータベースを使用します。


このプロシージャは、基本ビューを作成するために必要な VQL ステートメントごとに 1 つの行を返します。

  • creation_vql: 望みどおりの基本ビューを作成するために必要なステートメント。

スキーマ、カタログ、またはテーブルがデータベースに存在しない場合、このプロシージャはエラーを返します。

必要な権限

ユーザーには、データソースに対する実行権限が必要です。