GET_AVAILABLE_STATS_MODES

説明

GET_AVAILABLE_STATS_MODES ストアドプロシージャは、指定されたビューに対する GET_STATS_FOR_FIELDS ストアドプロシージャの呼び出しに使用できるモードを返します。

構文

GET_AVAILABLE_STATS_MODES (
      input_database_name : text
        , input_view_name : text
    , input_empty_on_failure: boolean
)
  • input_database_name: view_name が属するデータベースの名前。

  • input_view_name: ビューの名前。

  • input_table_stats: true の場合、エラーが発生すると空の結果を返します。 false の場合、実行が失敗します。

このプロシージャは、以下のフィールドを含むモードごとに 1 行を返します。

  • database_name: データベースの名前。

  • view_name: ビューの名前。

  • view_type: ビューのタイプ。

  • stats_mode: 統計収集モードの名前。

  • available: このモードを使用してビューの統計を収集できる場合は true 、できない場合は false です。

  • description: このモードをビューの統計の収集に使用できない理由。

  • description_code: 説明のコード。

  • available_smart_stats: このモードを使用したときにシステムテーブルから取得できる統計のリストを含む配列。

  • is_smart: 統計がシステムテーブルから収集される場合は true 、そうでない場合は false です。

  • is_aggregate: 統計が集約関数を含む SELECT クエリを使用して収集される場合は true 、そうでない場合は false です。

  • is_cache: ビューがキャッシュされているデータベースから統計が収集される場合は true 、そうでない場合は false です。

CALL GET_AVAILABLE_STATS_MODES('admin'
    , 'internet_inc'
    , false);