Denodo Platform for AWS 8.0 BYOL - クイックスタートガイド

pdf形式で文書をダウンロードする


Denodo Platform は、エンタープライズデータを統合して企業向けデータサービスを提供する最先端のデータ仮想化プラットフォームです。Amazon Web Services (AWS) 上でライセンス持ち込み (BYOL) 仮想マシン (VM) として利用できます。

この VM イメージは、最新バージョンの Denodo Solution Manager を備えた Amazon Linux 2 サーバーを搭載しており、AWS EC2 での使用に最適化されています。Denodo Solution Manager をデプロイすると、AWS 上で Denodo Platform 環境の作成と管理を行えるようになります。

Denodo を信頼し、データ仮想化技術として Denodo Platform for AWS をお選びいただきありがとうございます。

このクイックスタートガイドでは、Denodo Platform の概要と、AWS 上にデータ仮想化ソリューションを手早く構築する方法を説明します。

Denodo Platform for AWS BYOL 使用説明

最初の手順

Denodo Platform for BYOL では、AWS アカウントで Denodo デプロイのインスタンスを作成する際に柔軟性があります。そのため、AWS Marketplace へのログオンに使用できる AWS アカウントを既に所有していると想定しています。

お客様の AWS アカウントを運用する責任は、お客様にあります。お客様がご自身の AWS アカウントを使用して Denodo Platform for AWS BYOL を作成し起動できます。

以下は、AWS に Denodo Platform BYOL をプロビジョニングして構成するために必要な手順の概略です。

  1. 準備作業: Denodo Platform のライセンスを取得する
  2. Denodo Platform BYOL のインスタンスを起動する
  3. Denodo Platform のライセンスをインストールする
  4. Denodo Platform のサービスを開始する
  5. Denodo Solution Manager にログインする
  6. 最初の Denodo 環境を作成する

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

1- 準備作業: Denodo Platform のライセンスを取得する

BYOL 商品であり、Denodo から直接ライセンスを取得する必要があります。

Denodo Platform のライセンス契約を未締結の場合は、Denodo に直接連絡して、ソフトウェアを使用するためのライセンスを購入してください。

2- Denodo Platform BYOL のインスタンスを起動する

AWS Marketplace にログオンして Denodo Platform 8.0 (BYOL) リスト を検索し、EC2 コンソールでインスタンスを起動します。

3- Denodo Platform のライセンスをインストールする

Denodo Platform のライセンスファイルを取得したら、Denodo Platform for AWS BYOL のインスタンスに、SSH 接続で ec2-user としてログインします。

Denodo Platform ライセンスファイルを AWS インスタンスにコピーし、denodo.lic に名前を変更して、/opt/denodo/denodo-solution-manager-8.0/conf ディレクトリに保存します。

4- Denodo Platform のサービスを開始する

SSH 接続で ec2-user ユーザーとして ログインし、Denodo Platform ライセンスがインストールされると、Denodo Platform を開始して利用できるようになります。

次のコマンドを実行して Denodo サービスを開始する必要があります。

$ sudo service denodo start &

オプションの手順として、次のコマンドを使って、Denodo サービスを起動時に有効にできます。

$ sudo chkconfig --level 2345 denodo on

5- Solution Manager にログインする

Denodo ライセンスがインストールされてサービスが開始されると、Denodo Solution Manager に次の URL でログインできます。

http://<instance_public_ip>:19090/solution-manager-web-tool/Login

Denodo Solution Manager におけるデフォルトの管理者ユーザーは admin であり、デフォルトのパスワードは現在のインスタンス名になります。安全な環境で運用できるように、できるだけ早く管理者パスワードを変更する必要があります。

6- 最初の Denodo 環境を作成する

Denodo Solution Manager にログインしたら、Denodo 環境 を作成することができます。

詳細については、『自動クラウドモードクイックスタートガイド』を参照してください。

お勧めの追加手順

AWS にデータ仮想化ソリューションを構築する準備が整ったところで、利用可能なすべての情報を確認することをお勧めします。

Denodo の Community サイトのフォーラムである Q&A セクションに直接いつでも質問を投稿できます。このフォーラムではモデレーションが行われており、Denodo チームに加えてデータ仮想化のプロフェッショナルや詳しい方々から助言を受けることができます。Denodo Community は知識が豊富で粘り強く対応し、有効な回答を得られない質問はありません。製品ドキュメント、ナレッジベースの記事、段階的なチュートリアル、ハウツービデオなどの技術資料なども利用できます。

クラウドプロフェッショナルとのチャットをご希望の場合は、件名を「Cloud advisor meeting request」として cloud.solutions@denodo.com までメールをお送りください。