Denodo Standard for Azure 8.0 - クイックスタートガイド

pdf形式で文書をダウンロードする


Denodo Technologies は、エンタープライズデータを統合し、企業向けデータサービスを提供するデータ仮想化市場をリードする企業として、従量課金制 (PAYG) 仮想マシン (VM) スタックとしての、Azure 上での Azure 仮想マシンサービスとの使用に最適化された、最新バージョンの Denodo Standard を提供しています。

Denodo を信頼し、データ仮想化技術として Denodo for Azure をお選びいただきありがとうございます。

このクイックスタートガイドでは、Denodo Standard の概要と、Azure 上にデータ仮想化ソリューションを手早く構築する方法を説明します。

Marketplace 商品の概要

Denodo Standard for Azure 8.0 Hourly は、Azure サブスクリプションに基づく時間単位課金モデル (従量課金、PAYG) をベースにしています。

Azure Marketplace へのログオンに使用できる Azure サブスクリプションをお持ちで、それを使って Azure Portal から Denodo Standard スタックの作成と起動ができることを想定しています。また、お客様の Azure サブスクリプションを運用する責任は、お客様にあります。

主な機能には、次のものがあります。

  • Denodo Solution Manager (SM): Denodo デプロイを管理します。
  • Denodo Virtual DataPort (VDP): Denodo Data Virtualization のコアとなるエンジンです。あらゆるデータソースからのデータを統合し、あらゆる利用者にあらゆる形式で提供します。
  • Denodo Scheduler: データパイプラインやキャッシュ読み込みなどのタスクをスケジューリングします。

このスタックは Windows Server をベースにしています。

Denodo Standard for Azure のデプロイメントは、以下のもので構成されます。

  • Denodo Solution Manager を搭載した Windows Server 仮想マシン (無料ライセンス)
  • Denodo VDP と Denodo Scheduler を搭載した本番ワークロード用 Windows Server 仮想マシン

さらに、Denodo Standard のデプロイメントの一部として、以下のものを起動することもできます。

  • VDP と Denodo Scheduler を搭載したステージングワークロード用 Windows Server 仮想マシン
  • VDP と Denodo Scheduler を搭載した開発ワークロード用 Windows Server 仮想マシン (無料ライセンス、4 コアに制限)

注: 開発用仮想マシンライセンスは、Solution Manager 仮想マシンとともに有料のサブスクリプションに含まれています。料金が発生するのは、本番環境とステージング環境で動作する Virtual DataPort サーバーに対してと、AWS によって Solution Manager と開発用インスタンスに適用されるインフラストラクチャのコストに対してのみです。

 以下のセクションでは、デプロイ方法を詳しく説明します。

Azure Portal の必要なアクセス許可

Denodo スタックをデプロイするユーザーは、以下のアクセス許可が必要です。

  • リソースグループに対するアクセス許可または新規リソースグループを作成する権限
  • VM の作成
  • VNet の作成
  • パブリック IP の作成
  • DNS エントリの作成

開始手順

以下は、実行する必要がある手順の概要です。

  1. Azure サブスクリプションを使用して、Azure Marketplace で入手可能な Denodo Standard ソリューション アプリケーションを起動する
  2. Azure コンソールから Denodo Standard スタックをデプロイする
  3. Solution Manager Web にログインする
  4. セキュリティ構成を確認する
  5. Denodo サポートに登録する

ステップ 1 - Windows Server 用 Denodo Standard for Azure を入手する

お客様の Azure サブスクリプションを運用する責任は、お客様にあります。

お客様がご自身の Azure サブスクリプションを使用して、Denodo Standard for Azure ソリューションアプリケーションを作成し、起動できます。

Azure Marketplace にログオンして Denodo Standard for Azure Hourly を検索するか、リンク Denodo Standard for Azure (Hourly) を使用します。

ステップ 2 - Denodo Standard スタックをデプロイする

Azure Marketplace で Denodo Standard for Azure ソリューションアプリケーションを選択した後、Denodo Standard スタックを起動するために、Azure コンソールでいくつかの構成手順を実行する必要があります。

基本デプロイメント設定

Denodo Standard ソリューションの [Create] ボタンをクリックすると、以下に示すような基本デプロイメント設定を構成するためのページが表示されます。

  • 関連する Azure サブスクリプション
  • リソースグループ。リソースグループは、同じライフサイクル、ポリシー、およびアクセス許可を共有するリソースのグループです。この Denodo Standard スタックデプロイメントに関連するすべてのリソースに対して新しいリソースグループを作成するか、Azure サブスクリプション内の既存の空きリソースグループを選択することができます (デフォルトでは、Azure はリソースを含むリソースグループへのマネージドアプリケーションのデプロイはサポートしていません)。
  • デプロイメントのリージョン
  • ホスト名の接頭辞。仮想マシンを作成する際のホスト名として使用する接頭辞です。ホスト名は文字数制限があるため、なるべく短い接頭辞にしてください。

インフラストラクチャ設定

次のページでは、以下の設定を確認または更新することができます。

  • 管理者ユーザー名。仮想マシン管理者のユーザー名を入力する必要があります。ユーザー名「denodo」は、すでに仮想マシンにプロビジョニングされたユーザー名であるため使用できません。
  • 管理者パスワード
  • 仮想ネットワーク。デフォルト値のままにしておくか、変更するか、既存のものを選択することができます。
  • サブネット。[Subnet] タブをクリックすると、デフォルト値を確認して受け入れるか、別の値を選択することができます。

Denodo デプロイメント設定

次のページでは、以下の設定を確認または更新することができます。

  • Denodo 管理ユーザーパスワード
  • Denodo Solution Manager 仮想マシン設定:
  • 仮想マシンサイズ。推奨サイズのままにしておくか、別のサイズを選択することができます。
  • パブリック IP アドレス。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • DNS 接頭辞。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • 本番ワークロード用 Denodo VDP サーバー仮想マシン
  • 仮想マシンサイズ。推奨サイズのままにしておくか、別のサイズを選択することができます。
  • パブリック IP アドレス。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • DNS 接頭辞。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • ステージングワークロード用 Denodo VDP サーバー仮想マシンをインストールするかどうかを選択し、その設定を確認または更新します。
  • 仮想マシンサイズ。推奨サイズのままにしておくか、別のサイズを選択することができます。
  • パブリック IP アドレス。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • DNS 接頭辞。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • 開発ワークロード用 Denodo VDP サーバー仮想マシンをインストールするかどうかを選択し、その設定を確認または更新します。
  • 仮想マシンサイズ。推奨サイズのままにしておくか、別のサイズを選択することができます。
  • パブリック IP アドレス。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。
  • DNS 接頭辞。推奨値のままにしておくか、別の値を選択することができます。

デプロイメントの概要

概要ページでは、仮想マシンを作成する前に構成設定を確認するための最終的な概要が表示されます。

デプロイメントの作成

[Create] ボタンをクリックすると、デプロイメントプロセスが始まります。

スタックに含まれるすべてのリソースのデプロイメントが完了するまでには、20 分程度かかります。

デプロイメントが完了したら、次のステップに進むことができます。

ステップ 3 - Solution Manager Web ツールにログインする

Solution Manager は、Denodo デプロイの管理に役立つコンポーネントです。

Denodo Solution Manager にアクセスするための URL は、次の形です。

        http://<sm_ip>:19090/solution-manager-web-tool/Login

<sm_ip> は、デプロイしたスタックの Solution Manager 仮想マシンの IP アドレスまたは DNS 名です。

ユーザーは「admin」で、パスワードはデプロイメント構成時に指定したものです。

なお、アプリケーションの開始に多少の時間がかかるため、リンクが正しく動作し始めるまでに数分待つ必要があるかもしれません。サービスが完全に開始される前にアクセスしようとすると、接続エラーまたは「404 Not Found」エラーとなる場合があります。

ログインすると、Solution Manager 管理ツールが Denodo デプロイの Web アプリケーションへの一括窓口となります。

注: Solution Manager サービスを開始または停止するには、RDP から管理者として、デプロイメント構成時に指定したパスワードで仮想マシンにログインし、Denodo Windows Services を開始または停止するか、Denodo Solution Manager Control Center を使用することができます。

 

ステップ 4 - Design Studio Web ツールにログインする

Design Studio では、開発者がデータソース、基本ビュー、派生ビューの作成、ウェブサービスの公開などを行うための Web インターフェイスが提供されます。

Design Studio Web Tool の URL は次の形です。

http://<sm_ip>:19443/denodo-design-studio/

<sm_ip> は、デプロイしたスタックの Solution Manager 仮想マシンの IP アドレスまたは DNS 名です。

Solution Manager Web ツールのホームページには、Design Studio と Scheduler Web ツールへのリンクがあります。環境を選択して、その環境のクラスターへの接続データを読み込み済みの Design Studio のホームページに移動するための [Open] リンクをクリックします。ユーザー名「admin」と、デプロイメント構成時に指定したパスワードを使用します。

詳しくは「Design Studio のメイン領域」を参照してください。

なお、キャッシュ構成、認証のセットアップ、ユーザー管理などの管理作業は、Virtual Dataport Administration Tool (デスクトップベース) を使った場合のみグラフィカルに行えます。

ステップ 5 - セキュリティ構成を確認する

Azure デプロイメントのセキュリティ向上のために推奨される追加の手順がいくつかあります。

管理者パスワードの変更

安全な環境で運用できるように、管理者パスワード (さらには管理者ユーザー名も) を変更することをお勧めします。

詳細については、「デフォルトのパスワードの変更」を参照してください。

セキュリティグループの構成

最初に「Denodo Standard のデフォルトポート」を参照して、環境の運用に必要なポートを確認してください。

Azure は、デフォルトでは新規仮想イメージの起動時に新規セキュリティグループを作成します。このグループには、Denodo Standard に加えて RDP (サーバー管理用) が使用する必要があるかもしれないすべての TCP ポートが含まれています。デフォルト構成では、すべての IP アドレスからそれらすべてのポートに到達できるように設定されます。このグループを修正して、一般にアクセス可能にするのではなく、認可される IP アドレスの範囲を管理し、そこからのアクセスのみを許すようにすることを強くお勧めします。

それには、Azure ガイドの「Create, change, or delete a network security group」に記載の手順に従ってください。

ステップ 6 - Denodo サポートに登録する

Denodo は、包括的なテクニカルサポートとテクニカルサービスのネットワークにより、お客様が Denodo Standard を活用できるように支援いたします。

Denodo Standard for Azure スタンダードサポートは、ご契約者であればどなたでもご利用いただけます。このサービスを使用するには、まず弊社 Web サイトで登録する必要があります。登録後、Denodo サポートサイトにアクセスして Web ベースのサポート、ソフトウェアの更新、DenodoConnects を利用できるようになることで、データ仮想化の利用体験が向上します。Denodo のバージョンアップグレードは、Azure インスタンス間での移行が必要なため、ご利用いただけません。

Denodo の Web ベースのサポートは、時間単位のサブスクリプションの場合、可用性が低下することがあります。Denodo の Community サイトのフォーラムである Q&A セクションに直接いつでも質問を投稿できます。このフォーラムではモデレーションが行われており、データ仮想化のプロフェッショナルや詳しい方々から助言を受けることができます。Denodo Community は知識が豊富で粘り強く対応し、有効な回答を得られない質問はありません。製品ドキュメント、ナレッジベースの記事、段階的なチュートリアル、ハウツービデオなどの技術資料なども利用できます。

任意のステップ

VM 外からの VDP クライアントへのアクセス

外部クライアントから VM への接続を受信するために、Virtual DataPort サーバーを構成する必要があります。

接続プロトコルごとの Denodo Standard のデフォルトポートは、次のとおりです。

  • JDBC: TCP 9999
  • ODBC と ADO.NET: TCP 9996
  • Web コンテナー: TCP 9090

必要な接続プロトコルに応じて、上記のポートへの接続を許可するように VM を構成する必要があります。

  1. Azure Portal を使用して、VM ネットワークインターフェイスに関連付けられている Azure ネットワークのセキュリティグループを更新します。
  2. Denodo Standard for Azure VM の Windows ファイアウォールを更新します。適切な Windows ファイアウォールのルールを設定する必要があります。VM にログインして、[コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [Windows ファイアウォール] を開始し (あるいは、PowerShell またはコマンドプロンプトを開いて「firewall.cpl」と入力し)、[詳細設定] ボタンをクリックして、必要な [受信の規則] を作成します。

なお、デフォルトでエフェメラル外部 IP アドレスが VM インスタンスに割り当てられていることも考慮してください。静的外部 IP アドレスが必要な場合は、アドレスを静的なものに昇格して構いません。必ず、VDP サーバーのホスト名を変更して、その IP からの接続を許可するように正しく VDP サーバーを設定してください。

Denodo 管理ツールによるリモート VDP 管理

キャッシュ構成、認証のセットアップ、ユーザー管理などの管理作業は、Virtual Dataport Administration Tool (デスクトップベース) を使った場合のみグラフィカルに行えます。

この Denodo クライアントをダウンロードし、インストールすれば、リモートホストから Denodo Standard サーバーに接続し、管理することができます。

Denodo StanPlatform は、Azure 仮想マシンインスタンス上で動作するサーバー (VDP) と、ローカルコンピュータ上で動作するクライアント (VDP 管理ツール) で構成されるクライアントサーバーアーキテクチャに従っています。

クライアントインストーラーは、実行中の Azure 仮想マシンインスタンスから配布されます。インストーラーは、以下のフォルダーの中にあります。

C:\Denodo\VDP Client Installers

いずれかのインストーラーをローカルホストにダウンロードし、インストールを開始します。

VDP グラフィカル管理ツールを起動すると、Azure 仮想マシンインスタンス上のリモート Denodo サーバーの接続詳細を要求されます。詳細情報については、「Administration Tool の起動」を参照してください。

VDP サーバーを実行する VM は、外部からの接続を受け入れるように構成する必要があります。このガイドの「VM 外からの VDP クライアントへのアクセス」を参照してください。

証明書のインストール

証明書は、マニュアルの「Denodo Standard での SSL/TLS の有効化」に従ってインストールできます。

追加のステップ

Azure にデータ仮想化ソリューションを構築する準備が整ったところで、利用可能なすべての Denodo 情報を確認することをおすすめします。

専門家が指導するトレーニングをご希望の場合は、いつでも弊社のトレーニングサイトで利用可能なコースを確認できます。

Denodo Standard for Azure 8.0 の利用を最短で始めるには、Denodo Professional Services の活用をおすすめします。